鎌倉河岸

日本橋川の鎌倉河岸に、所用があって月に数回行く。
c0068946_2054586.jpg

なんで江戸(東京)のど真ん中に鎌倉なのか?
それは、江戸城築城の際に、鎌倉周辺で切り出された石がこの河岸に揚げられたから・・・・・
だと最近まで勘違いしていたが、
橋のたもとにある説明書きを見ると、そうではなかった。
c0068946_20552225.jpg

この河岸を仕切っていたのが、鎌倉から移ってきた材木商だったことからネーミングされたという。
[PR]
# by waterways | 2013-10-22 20:56 | 運河と川

愚劣で空疎な名称

九段下付近、日本橋川にこんな橋が架かっている。
c0068946_14294654.jpg

歩行者専用のこの橋、名前を「あいあい橋」という。
橋詰に掲げられたプレートを読むと、
元々は「新飯田橋」といったそうだが、戦災で消失。
2001年に再架橋される際、この名前が付いたとのこと。
c0068946_14301158.jpg

由来は飯田橋Idabashiの頭文字「I」、
住民から愛される「愛」をかけたものだとあるが、
なんとも安直で空々しい。
「新飯田橋」でよいではないか。

聞くところによると、「希望が丘」という地名は全国に何十とあるそうだ。
もちろん、そんな地名が昔からあったわけではなく、
ニュータウンなどの造成時に人為的に創作されたもの。

それと同じような発想か。

あいあい橋の一本南側にある「俎橋」は、
その名称を江戸時代から受け継いでいて、
『鬼平犯科帳』にもその名が登場する。

これが「あいあい橋」南下だったら、目も当てられない。
c0068946_1432073.jpg

[PR]
# by waterways | 2013-06-30 14:33 | 川担当行政の愚のグ

目黒船入場

目黒川沿い、東急東横線の中目黒付近に、
船のロープをまきつけるボラードのようなものが並んでいる。
c0068946_13474435.jpg

見ると「目黒船入場」というのだそうで、
昔は船着場があったそうだ。
c0068946_13482256.jpg

最近は、目黒川も船が結構上流まで入ってこられるようになったそうだ。
今は公園としてしか機能していないこの場所も、
船着場としての復活はないのか?
c0068946_13485442.jpg

[PR]
# by waterways | 2013-06-25 13:50 | 運河と川

御茶ノ水・聖橋から神田川を臨む

神田祭に行ったときに、御茶ノ水の聖橋から撮影した風景。
c0068946_16411825.jpg

JR中央線と丸の内線が交差するポイントとしても有名な場所、
その下を神田川が流れている。

川とはいっても人間が掘削した運河。
江戸時代には物流の要であった。
[PR]
# by waterways | 2013-06-13 16:45 | 運河と川

三ツ橋の現在 ~楓川、京橋川、三十間堀の川筋を追って~

現在はそのほとんどが高速道路に姿を変えてしまったが、
銀座から日本橋にかけて、いくつもの掘割(運河)が存在した。

『鬼平犯科帳』にはそれらの水路が何回も登場するが、
特に、楓川、京橋川、三十間堀のジャンクションは、
著者・池波正太郎氏が証券マン時代に勤務した兜町エリアにあることもあり、
自身の思い出とともに、物語の舞台として欠かせない存在になっている。

これら3つの掘割は、
大雑把に京橋川が東西に、楓川が南北に横たわっていて、
3つの橋がコの字型に架けられていた。
c0068946_16181198.jpg


ここは「三ツ橋」とも呼ばれていたそうで、
その名前を冠した飲食店を発見。
c0068946_16334376.jpg



江戸橋をわたって昭和通を銀座の方向へすこし行き、
左へ折れると楓川にかかった兜橋へ出る。
(中略)
その楓川が西南へのびるところ、
京橋の下をながれる京橋川と合する。
そこに〔三ツ橋〕とよばれる、
三つの橋があった。
(鯉肝のお里)


お静は路地を飛び出し、
川沿いの道を、
また、真福寺橋まで引き返した。
そこは、楓川にかかる弾正橋、
京橋川の牛の草橋、
三十間堀の真福寺橋の三橋が
十文字に交差する三つの堀川へ接近して架けられてい、
世にこれを「三ツ橋」と呼ぶ。
(男色一本饂飩)



楓川の入口に架けられていたのが弾正橋。
c0068946_16171779.jpg
欄干の跡が今も残っている。

京橋川には白魚橋。
c0068946_16185443.jpg
こちらは、現在は高速道路下の駐車場くらいにしか名残がない。
c0068946_1620291.jpg


弾正橋の対面、三十間堀の入口には真福寺橋。
ここだけは、橋の跡形も名残もないが、
ほぼ同じ位置にあると思われるのが新金橋。
c0068946_15201715.jpg


実際の真福寺橋は新金橋よりやや北寄りにあり、
その橋の下には蜊(あさり)河岸という河岸があったそうだ。
c0068946_15241771.jpg

蜊、というからにはアサリが水揚げされていたことの名残だろうが、
『鬼平犯科帳』には、その下りが出てきた記憶がない。
[PR]
# by waterways | 2011-11-14 16:36 | 水辺で旅する鬼平犯科帳

某ギャラリーより、日本橋川を臨む

水道橋にある某ギャラリーへ写真展を鑑賞に行った。

このギャラリーが入っているビルは日本橋川に面していて、
裏手の窓を開ければ川面が見える。
c0068946_16112051.jpg


数年前になるが、同じギャラリーに、
川を見るためだけに「便宜的」に来たことがあったので、
場所を覚えていた。

古ビルだから仕方ないが、
川に向けて飲食店でもテラスでも出せばいいのに、
と思う。
[PR]
# by waterways | 2011-11-08 16:13 | 運河と川

清水門外の役宅

長谷川平蔵の役宅は、江戸城の「清水門外」に設定されている。

役宅っていうのは、今風に言えば「総理官邸」みたいなものだろうか。
仕事場兼寝床。
自宅は別にあるのだが、基本的には役宅に寝泊りしているっていうのも、
今の総理官邸と機能が似ている。

いまの清水門はこんな感じ。
c0068946_6334728.jpg


ここは門が2つ並んでいて、内側のほうがこの清水門。
外側には特に名前がなかったが、
2つ合せて清水門というのかもしれない。

外側の門から外をのぞく。
c0068946_63638.jpg


さて、肝心の「清水門外」だが、門の外のどのあたりかまでは書かれていないので、
物の本ではとりあえず門の正面ということひしているようだ。
現在、ここには千代田区役所・図書館の大きなビルが建っている。
c0068946_6393333.jpg


『鬼平』の舞台には看板などが立てられていることも多いが、
この碑は残念ながら大隈重信の住居跡のもの。

時代は変わっても、時の重要人物が好んで住んだ場所、ってことだろうか。
[PR]
# by waterways | 2011-04-19 06:41 | 水辺で旅する鬼平犯科帳

五間堀、六間堀

五間堀、六間堀というののは、竪川と小名木川をリンクする細い水路だったようだ。

細い、と言っても、1間が1.8メートルだとすると5間で9メートルはあるが。

五間堀のながれに沿った竹仙の家は、・・・・・(盗賊人相書)
c0068946_17593046.jpg

現在五間堀はすっかり埋め立てられ、この公園に名前が残るのみである。

名前の由来が書かれた看板もあった。
c0068946_180175.jpg


一方、五間堀から続く六間堀のほうも、こんな公園に名前が残るのみ。
c0068946_180265.jpg


本所の竪川と深川の小名木川をつなぐ六間堀川南端にかかる猿子橋の西のたもとは・・・・・(寒月六間堀)

この『寒月六間堀』では、全編にわたって六間堀が舞台になっている。

六間堀が行き着くのが、この弥勒寺。c0068946_1812524.jpg


弥勒寺は、若き日の平蔵の面倒を見ていたお熊ばあさんの茶屋が門前にあった寺だ。
[PR]
# by waterways | 2011-03-23 18:02 | 水辺で旅する鬼平犯科帳

竪川

竪川は、『鬼平』に頻繁に登場する川である。
c0068946_1353211.jpg

首都高速道路7号線が上を覆っているせいで人目につかず、
「そんな川、聞いたことない」
という人が東京でもほとんどではないだろうか。

竪川と隅田川のジャンクションは、
現在の地名で墨田区両国と千歳の間。
対岸は中央区東日本橋になる。
c0068946_13534253.jpg

隅田川のほかの支流と同じように、
竪川も水門がその入口にでんと構えているが、
竪川に入ってからその両岸は「竹河岸」と呼ばれ、
竹を扱う問屋が並んでいたという。

本所・竪川沿いの道を西へ行くと、
二ツ目橋のつぎが一ツ目橋で、
その先には大川が横たわっている。
一ツ目橋の手前の竪川沿いの道は、
いわゆる「竹河岸」になっていて、
竹置場が両岸にならんでいた。
(寒月六間堀)


その竹置場があったと思われるのはこの辺りか。
c0068946_13541960.jpg

このように『鬼平』では、
竪川にかかる橋を「一ツ目橋」「二ツ目橋」と書いているが、
現在は「一之橋」「二之橋」が正式名称。
ただしその上を通る道路は「三つ目通り」のようになっている。

竹河岸のあったという一之橋(一ツ目橋)から、
「寒月六間堀」から引用した上記とは逆方向、
すなわち東に足を進めていくと、
江戸時代にはなかった小さな橋がいくつかかかっている。

そんな小さな橋の中で、おもしろいものを見つけた。
c0068946_1442253.jpg

松本橋、というのだそうだが、
鉄製の旧橋をコンクリート橋で補強し、
その上をさらに高速道路の高架が通るという、橋の三重奏。


そしていよいよ二之橋。
二之橋に覚えがなかったとしても、
「二ツ目橋の五鉄」の名前まで失念してはいないだろう。
c0068946_13545919.jpg

若い頃から平蔵のなじみの店、
『鬼平』に登場する名物料理が数あれど、
当時から付き合いのある三次郎が営む軍鶏鍋屋「五鉄」ほど頻繁に登場する店はない。
あまりにも登場が多いので、引用の必要もあるまい。

今は味も素っ気もないこの場所を訪ねに来る同好の士は決して少なくないようで、
ご親切に看板まで掲げられている。
c0068946_1356677.jpg

二ツ目橋から三ツ目橋の間の北側の河岸には、
そのほかにも「大黒や」(蕎麦屋)や「湊や」(鰻屋)などがあったというが、
この日は未確認。
いずれにしろ、現在は私有地でビルか何かの裏手に過ぎないはずだ。


竪川をさらに東に行くと、
大横川とクロスするポイントから先は埋め立てられてしまっている。
聞くと、この先はすでに暗渠もなく、
あっても下水管程度のものが埋められているだけだそうだ。
竪川は元々運河(人工水路)であり、
自然河川と違って物理的に埋めることもできる。

その竪川があった場所の上はスポーツができるスペースなどに活用されてはいるが、
高速道路の陰が大きくかぶさって、
あまり健康的な環境ではない。
c0068946_13564294.jpg


そして五之橋(五ツ目橋)。
上を通っているのは明治通り、すなわち環状5号線だ。
この5の一致、偶然なのか、それとも・・・・・。
c0068946_13582821.jpg


亀戸村を出た泥鰌の和助・・・・・
本所・五ツ目の竪川べりへ出て来ると、
川面に浮いていた二つの小舟が、
すーっと川岸へ近寄ってきた。

竪川をゆるゆると大川へ出たふたつの舟は、
そのまま南へ下り、
長い時間をかけて永代橋の手前から、
霊巌島と八丁堀の間を
ながれる越前橋へ向かって行く。
(泥鰌の和助始末)


この「泥鰌の和助始末」も、盗賊が舟で跋扈する物語である。

現在の五之橋の下は、親水公園のつもりなのか、
申し訳程度に水がたたえられている。
c0068946_1402328.jpg

ただし、その周囲はいわゆるブルーシート族の住居(?)で埋め尽くされ、
とても親水できる雰囲気ではないが。
c0068946_1405426.jpg

[PR]
# by waterways | 2011-03-01 13:51 | 水辺で旅する鬼平犯科帳

新川、腰くだけ

「掻堀のおけい」は、特に川や舟のシーンが多く登場する。

掻堀のおけいは、
ゆっくりとした足どりで永代橋をわたり、
北新堀の大川端すじを新川に出た。
(「掻堀のおけい」)


ということで新川を歩こうと出張っていったはずが、
新川はもう埋められていて現存していない。

情けないことに、新川と亀島川を混同していたのだ。

亀島川はあれほど何回も歩いていたのに、
頭のどこかでごちゃごちゃになっていて、
「新川って、あそこだ」
と歩きはじめてしまった。

川はないのに、こんな店はある。
c0068946_18583623.jpg


ということで本日は不発。
罪滅ぼしに、とりあえず永代橋を収める。
c0068946_18531435.jpg



リベンジは、近日中に。
[PR]
# by waterways | 2011-02-14 18:53 | 水辺で旅する鬼平犯科帳